画面操作について

はじめに

メール遅延対応について

送信メールが遅延してしまう場合の対処について

キャリタスUCから送信されるメールが大幅に遅延するケースを確認しております。

■原因
メール送信元アドレスに学校様ドメインを登録されているケースについて、
学校様メールサーバではなくキャリタスUCのメールサーバから送信しているため
「なりすましメール」と判定されたものと思われます。キャリタスUCの不具合ではございませんので何卒ご了承ください。

■対応方法
送信元となる学校様ドメインのSPFレコードに次のネットワークアドレスをご設定ください。
210.166.194.0/24

■SPFとは
Sender Policy Framework(SPF)は、送信元を詐称する「なりすましメール」対策のひとつです。

※学校様により設定方法に差異がございます。
 詳細は情報システム系部署のDNS管理者様にご確認ください。

「メール遅延対応について」一覧へ戻る

このページの上部へ戻る